2013年6月18日火曜日

SKE48 美しい稲妻 歌詞

僕は君のために 君は僕のために
何を求め合って 空を見てるのだろう

もしも太陽が 昇らなかったのなら
僕たちの恋も 燃え上がらなかったよ

真夏の日差しに 焼かれることもなく
水着のラインも 気付かなかった 

真っ青なあの空を 恨むべきかい?
一瞬の夕立じゃ 冷めないだろう

君は
美しい稲妻さ(Ha a)
この胸を横切って(Ha a)
愛しさが ギザギザと(今) 心に刺さる

美しい稲妻さ(Ha a)
すぐ後に 響くのは(Ha a)
近すぎる思い 両手を広げて 愛に打たれよう


濡れた砂浜に 人影も少なくて 
場所取りのシート 風に捲くれあがるよ

おへそをとられると いきなり言い出して
Tシャツの裾で 隠そうとする

運命のあの雲に 邪魔させない
一筋の光こそ 僕の感情

やがて 永遠の稲妻さ(ずっと)
瞼の裏 残るもの(ゆっくり)
夢よりも 鮮やかに(すべて) 焼き付けられた

永遠の稲妻さ(ずっと)
落ちたのは その辺り(そうだ)
二人だけでいい そう避雷針に 僕がなれるなら

今まで見た光の中で 一番きれいだった
空からこの大地へ 口づけ通り道

君は
美しい稲妻さ(Ha a)
この胸を横切って(Ha a)
愛しさが ギザギザと(今) 心に刺さる

美しい稲妻さ(Ha a)
すぐ後に 響くのは(Ha a)
近過ぎる思い 両手を広げて 愛に打たれよう

La La La…

0 件のコメント:

コメントを投稿